自分の髪質を理解した上でパーマはかけるべき!

水曜日 , 17, 1月 2018 Leave a comment

20代前半の頃だったと思います。
肩ぐらいまでに切った髪に思い切って初めてのパーマをしました。
なぜかその髪型が職場で流行ってて、自分もやってみたいと思ったのがきっかけでした。
いつも行く美容室に予約をして行ったのですが、その日は担当の方が出張で留守。悩んだけど、せっかく来たし…ということで違う方にやってもらったんですけど、これがはっきり言って失敗でした。(最初から素直に出直せばよかった。)
まず、次の日にはパーマが取れちゃいました。
なので、今度こそは…とちゃんと担当の方が居るときに予約を入れて、やり直しをしてもらいました。たしか、すぐに取れないように少し強めにパーマをかけてくれたはずです。
今度はパーマも取れなかったんですけど、良かったのは最初の何日かだけでした。
そもそも丸顔の私がパーマをかけたら、よりまん丸に見えてしまうということに気付いてしまいました。
それに、パーマをかけたときに美容室で担当の方に、『これで朝はラクになりますね~♪』と言われたけど、そう思えたのも最初だけ。
それまで毎朝髪を結ぶだけで済んでいたのが、朝からワックスやらをつけてウェーブを出し、ピンなどを使って髪をセットするという作業がもう本当に面倒で面倒で。逆に朝の貴重な時間がなくなる~と思っちゃいました。
そのときは、もう二度とパーマにはしない!!と思ったけど、数年後にまたパーマをかけてみました。今度はロングで。
以前とは美容室も変わっていたので、失敗しないようにきちんと相談しながら決めました。
そしてやってもらったパーマは以前よりも緩めでカールが大きいものでした。
一緒に髪も明るめにしてもらったんですけど、もう以前とは全然違って、自分でいうのもあれですけど本当に私に似合ってる髪型でした。
普通に髪を切るときにも自分に似合う長さがあるのと同じで、パーマもいろいろある中で自分に似合うものを探すのは大事だなぁ~と思いましたし、なにより、やっぱり髪型を変えるときには担当の美容師さんと相談するのが一番だと思います。とくに私の場合は同じところに長く通っているので、担当の方は好みや髪質をきちんとわかってくれています。(初めてのパーマのときは担当の方じゃなかったので、私の髪質をわかってなかったのかもしれません。)
ちなみに、ロングでのパーマはすごく気に入って、そのあとにも何度かやってもらっています。