ストレートパーマをかけてみた経験

水曜日 , 17, 1月 2018 Leave a comment

5年ほど前に、ストレートパーマをかけたのですが、失敗で、後悔しました。
私の髪は少し癖があって、それを誤魔化すために、普段は軽い感じのソバージュパーマをかけています。でも、その髪型にも飽きましたし、ストレート髪への憧れもあって、ストレートパーマをかけることにしました。
最近は縮毛矯正パーマでストレートにする人が多いようですが、それだと髪がすごく痛むと聞きましたし、金額も高いので、とりあえず、ストレートパーマを選択しました。
最初はイメチェンになって、気分も変わって、嬉しかったのですが、寝ぐせは付きやすいし、髪の根元にはくせ毛が生えてくるので、手入れがうまく出来ず、困りました。
また、顔が細長いタイプなので、ストレートの髪より、ふわっとした髪の方が似合う事も再認識しました。
また、若い時よりも、髪の量が減ったり、以前から細い髪がさらに細くなっている気がするので、ストレートの髪型にすると、それが目立つ気がするのも嫌でした。
それから、髪をまとめて結う際、ストレートでサラサラしていると、上にまとめてヘアピンやバレットで留める際、固定が難しい事も分かりました。ちょっと激しく動いたり、強い風が吹くと髪が落ちてきてしまうのです。カールがかかった髪だと、髪のボリュームも増えて、バレットにも絡まりやすいので、上に結いやすく、また少々、動いても、髪が落ちてくることはありませんので。
その後、すぐに元の髪型(ソバージュ)に戻したかったのですが、ストレートパーマをかけたすぐ後に、ソバージュのパーマをかけると、髪がすごく痛むのではないかと心配でしたし、きっと、パーマがかかりづらいだろうと思って、半年ほど、ストレートのままで我慢しました。それ以降は、いつもカールがかかった髪型をしていますし、今後もストレートにする事は多分、無いと思います。